2014年7月10日 (木)

グッドモーニングアメリカの「7つの秘宝を探す冒険2014」ワンマンツアー

2014.7.5 Zepp DiverCity

今回はグッドモーニングアメリカ「7つの秘宝を探す冒険2014」ワンマンツアーにお邪魔してきました。

始まりはまさかのケンシシロウ風?(たなしん)登場でスタート!

冒頭からバンドとお客さんはノリノリ度全快。
しかしノリノリの中にも確かな演奏をグドモは披露していました。

最後の最後に7つの秘宝(○○ゴンボールだった)を集めてシェンロンが現れた!!

P1030191



そんな感じなので見入っていたらアンコールを含め約2時間のライブはあっという間でした。

そこで今回はグッドモーニングアメリカパフォーマー兼ちょこっとベーシスト“たなしん”の機材を紹介します。

 

SABDBERG

P1030179

 シリーズ:California

 スタイル:TM

 ピッツアップ:Delano/J-style、Powerhumbucker

 コントロール:アクティブ/Vo、Bal、T、B、Tap

 フィニッシュ:Hardcore Aged

 カラー:Roquefort Blue

 プチ情報 オリジナルモデルを製作中!? 今秋にはお披露目出来るかもしれない!?

 

Orange

 ヘッド:AD200B-MK2/Black

 スピーカー:OBC410OBC115

P1030170

 

                             以上、こうご期待を!!(SZ) 

2014年2月 3日 (月)

LP(latin percussion)50周年


 

パーカッションブランドとしてここ日本でも有名なLP(latin percussion) 

今年2014年は、
創立者マーチン・コーエンが1964年8月に会社組みしてから50年というメモリアルな年になります。

1_lp50th

毎年アメリカで開催されている楽器ショウNAMMの開催に合わせて
50周年のメモリアル・パーティーが開催されました。

まずはマーチン・コーエンの挨拶から始まり、

記念のケーキカット。

50

???
これ、ケーキですか?

50_2

そうです。ボンゴをかたどったケーキです。
すごくリアリティがあります…。
マーチンのモナリザばりの微笑と共に非常に印象的です。

NAMMのLPブースでは代表的なアーティストの演奏が幾度となく開催され大いに盛り上がっておりました。
LPだけではなくNAMM開催中はいたるところのブースで有名ミュージシャンが演奏やサイン会などを行っており音楽に包まれた空間となっております。

2014NAMM LPブースの様子です。

 

LPは今年も素晴らしい新製品を発表しており、ここでは50周年記念モデルをご紹介致します。

Lp50th_set_2 LP552Z-50 50THコンガ12-1/2 税別定価¥128,000-

LP559Z-50 50THコンガ11-3/4 税別定価¥125,000-
LP522Z-50 50TH コンガ11    税別定価¥120,000-
ノースアメリカンヒッコリーを3プライで使用し、強度を高めるためシェル内側の上部にファイバーグラスを巻いています。サテンフィニッシュ&ゴールドハードウェア仕様。
50周年記念バッチが取り付けられています。

LP201AX-50 50THボンゴ     税別定価¥65,000-

ノースアメリカンヒッコリーを使用した7-1/4"と8-5/8"のシェル構成。

サテンフィニッシュ&ゴールドハードウェアー仕様。



ノースアメリカンヒッコリーは中・低音域が良く出て暖かい音色が特徴です。

チューニングを高くすればラウドでハリがあり、スラップサウンドも素晴らしいです。

Lp204a_50_cowbell LP204A-50 50TH カウベル  税別定価¥6,200-

世界で最もレコーディングに使用されているカウベルであるLP204A Black Beauty Cowbellを基に作成。
ゴールドでコーティングされた美しい50周年記念モデルです。
日本国内100個限定入荷。

 

Lp1964 LP1964 '64ORIGINAL BONGO 税別定価¥60,000-
こちらは50周年記念モデルとは違いますが1964年当時LPが最初に市場へと送り出したオリジナルボンゴの覆刻モデルです。
サテンフィニッシュのマホガニーシェル仕様。
ヘッドには1964年のグラフィックが印刷されており写真にもありますが記念バッジが取り付けられています。
全世界で最初の200台にはマーチン・コーエンのサイン入り。


そのほかにもおもしろい新製品が発表されています。
当社facebooktwitterなどでもご紹介しておりますのでそちらも是非ご覧ください。

ではまたの更新をお待ちください!!
(H)

2013年10月26日 (土)

Orange Amp が乳がんキャンペーンの為にピンク色に

イギリスで最も有名なアンプ・メーカーの1つ、Orange Amplificationがピンク色に?

T2ec16fhjhofglfd7bsurtoc60_12

ただ今海外のオークションサイトで世界で唯一、ピンク色のCR20LDXがオレンジより出品されています。

これは乳がんと戦っている人、乳がん治療のために研究をしている機関を助けるためです。

オークションで落札された金額の全てはブレスト キャンサー リサーチに寄付されます。

イギリス標準時間の10月25日 9:00 am~7日間がオークションの期間です。

オークションページ
Orange Crush PiX CR20LDX in Pink (For Breast Cancer Campaign)

世界的に有名なブランドがこのような活動を行うことで多くの人に知ってもらうことが出来ます。
その事により世間の問題意識が少しでも上がるので、非常に有意義な活動だと思います。

Orange Amplification Turns Pink for Breast Cancer Campaign     


 

2013年10月17日 (木)

Syu (ガルネリウス) x Diezel ②

Suzu_017
2013年10月14日、渋谷公会堂。SOLD OUTとなり激アツの盛り上がりを見せたGALNERYUSの結成10周年記念第3章、"ARISING THE IRONHEARTED FLAG" Tour 2013 FINALにお邪魔してきました!その激アツライブの一端を担うGt : Syuの背後に今年、変化があったことに皆さんお気づきですか?

Syu20131014 

実は以前ご紹介した「壁」(こことかここで確認できます!)のときと、アンプが変わっているんです。先月発売となったセルフカバーアルバム "THE IRONHEARTED FLAG Vol.2 : REFORMATION SIDE"。皆さんお持ちですよね?今回のアンプは、このアルバムの全篇にわたって使用された "D-moll" がそのまま使用されました!

Suzu_014 

ライブで炸裂したSyu + Diezelサウンド、発売が決定した10周年記念ツアーライブDVDでももちろん思い出せます。

でも、音源聞いて、Diezel鳴らして、熱をそのままに発売まで待ちましょう!

もちろん、D-mollは主要な楽器店さんでお求めいただけます。
ぜひお近くのギターアンプを取り扱ってるお店さんに遊びに行ってみてください!

2013年9月28日 (土)

PAISTE新製品発表&ドラムクリニック feat.山木秀夫

 夏の気配も静かになってきた今日この頃…

遅くなって申し訳ありませんが真夏の夜の出来事をここに記します。

 

去る2013年8月24日(大阪 Drum Shop ACTさん)、

30日(東京 お茶の水ドラムコネクションさん)にて

PAISTE新製品発表&ドラムクリニック feat.山木秀夫が開催されました!!

先日開催されたPAISTE新製品発表&ドラムクリニック feat.柏倉隆史のブログ記事も今一度ご確認下さい!

この度のクリニックもPaiste Formula 602 Modern Essentials 新発売の発表という主旨で行いました。

デモ演奏には山木秀夫氏!!

Dscn2128

 

 

 

司会進行にはマシータ氏!!

P8300040 

今回も非常に豪華な布陣でお送り致しました!!

気になるクリニックの内容ですが、山木氏自ら音源作成ソフトウェアで作成されたバッキング・トラックに合わせデモ演奏を2曲、曲の間に質疑応答という内容でした。
大阪と東京では別のバッキング・トラックを作成された今回のクリニック、両日行かれた猛者がいらっしゃったら非常に楽しめたのではないでしょうか。(当初は同じ曲の予定でしたが山木氏の創造力により…)

デモ演奏に使用されたシンバルはもちろん全てがPaiste Formula 602 Modern Essentials!
当日のセッティング写真です。

Dscn2100 Paiste Formula 602 Modern Essentials
左から
China 18"、Hi-Hat 15"、Crash 16"、、Crash 18"、Splash 8"、Splash 10"

Ride 22"、China 22"、Hi-Hat 14"、Crash 20"

という並びになっております。(in東京)

P1020623 こちらが大阪でのセッティングです。Splashの位置等細かい変更はございますが基本的に同じなのが見て取れます。

 山木氏はFormula 602 Modern Essentialsの前まではFormula 602 Classic Soundsを主に使用されていました。

この新製品の発売が決まり、試して頂いたところ非常に気に入って頂くこととなり現在は様々な現場でご使用されています。
この新製品の感想は「以前主に使用していたFormula 602 Classic Soundsは古き良いパイステサウンドで気に入っていました。この新しいFormula 602 Modern Essentialsはそれを基本に置きながらも現代的なエッセンスがあると感じます。そして素晴らしいのが叩き方によって様々な表現が出来るという点です。反応が良く、表情豊かなので多岐に渡ったジャンルでこのシンバルを使用する事が可能です。」

と素晴らしいコメントを頂きました。(※言葉の細かい表現は当日と完全に同じではありません)

マシータ氏も仰っていましたがPaisteシンバルはいわゆるシート・シンバルだという事もあり、個体差が比較的に少ないブランドであります。

プロミュージシャンもアマチュアミュージシャンも同じくハイ・クオリティのシンバルを手に取ることができます。

大阪での演奏風景。

P1020730

東京での演奏風景。

P8300056

 貴重な?サイドからのショットDscn2135 

 

前回のクリニックに引き続き、司会進行のマシータ氏。

P1020682スムーズな進行ももちろんですが、ドラマー目線での質問や山木氏との掛け合いは本当に素晴らしかったです。
プロドラマーの会話を間近で聞ける、ましてや会話に参加するなんて機会は滅多にないですよね!

質疑応答を聞いていて私の印象に残った話のコーナー!!!!!

・山木氏は最近スカパーのMUSIC AIRを見る事にはまっている。
 

 山木氏曰く「昔は音だけを頼りに試行錯誤を繰り返し練習していたが現代では様々な方法で手軽に動画として閲覧ができる。非常に恵まれた環境だと感じます。」

今も昔もそれぞれ利点がありますね!現代でも意識して、音だけを頼りに練習をするというのも楽器の練習には必要ですね。

 

・ラジオをつけてそれに合わせて練習する。

 山木氏曰く「知らない曲や知っている曲、様々な音楽が流れるラジオを練習台にする。

なかなか合わせるのが難しい時もあるが合わせる事が出来た時にはすごく嬉しいし、音楽を感じます。」

・質問者「本番前にリラックスする為に実践している事はありますか?」
 山木氏曰く「朝起きた時から始まっています。具体的にはラジオ体操をします。」

ここでマシータ氏が以前在籍していたバンドとの意外な共通点が!
本番前にラジオ体操をしていたそうです。

みなさんも大事なことの前には、是非ラジオ体操を…。

・先日、あるアーティストのツアーでツイン・ペダルの必要性が出た。

 

 必要な時の3日前(!!!)から練習を開始。それからはツインペダルを使用中です。

Dscn2107 セッティングはこんな感じです。
DW9002を使用されています。

 

質疑応答の際には様々な質問が出ました。

練習方法や機材のセッティング方法の質問など、全てにご丁寧に答えて下さっていたのが印象的でした。

人それぞれに適した練習方法、機材の選択、セッティングの仕方は違います。

それを追い求める事、何よりも音楽を愛する事が大事と力強くお話しして下さいました。

 

人それぞれ違うとはいえ、みなさんも山木氏のお話やセッティングを参考にして頂き自分流のドラムを追い求めて下さい。

それでは更新が遅くなってしまいましたが当日の模様をお伝えいたしました!

最後に主催して下さったDrum Shop ACTさん、お茶の水 ドラムコネクションさん、

当日素晴らしい演奏とお話しをして下さった山木秀夫さん、マシータさん、

何よりもご来場の皆様ありがとうございました!!!!!! 

                                              (H)

1

 

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ